読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webディレクターになりたいエンジニアのひとりごと

あらさーで人生迷い中のエンジニアがひとりごとをつぶやきます

仕事がつまらない

はじめに...

論理的な文章を書く練習をしてます。

構成は以下のような流れになるようにしてます。

なぜなら

もしも

たとえば

だから

参照: 読書感想文の書き方

http://dokusyokansoubun.com/doukaku/doukaku1/nadamoda/

虚言-文章を書くチカラ「なたもだ」-

http://blogs.wankuma.com/yaju/archive/2010/06/21/190410.aspx

 

では、本題です。

いま、自分のしている仕事がすごくつまらない。

なぜなら、上から言われたことをそのままやるしかない仕事だから。なんでそう決まったのかも知ることができないから。

 

わたしの仕事は、某アプリの不具合修正と、新しいOSが出たらそれに合わせてそのアプリの仕様を変えていくというものだ。

全てに、既に決まった仕様がありそれに合わせて変えていく。何をするにもまず判断を仰がないといけない。

自分の意思は、皆無なのである。

この仕事は、自分でなくても誰にでも、今すぐにも交換可能だ。

事実、私は来月で仕事を辞めるというのに、リーダーはそのことについて私と話さないし、他の人にも話さない。

私から引き継ぐことは何もないと言われてるようなものだ。

今すぐにいなくなっても構わないなんて、なんだか自分の存在を否定されているような気になる。

 

 仕事があるだけありがたいと思えって言われるかもしれない。

確かにいまの時代は、正社員なだけありがたいけど、自分で色々作り出せるプログラマという職についているのに、自分では何も作り出せない状況にある。その、我慢してる意味ってなんだ?持てる力を使ったら、何か他の問題も解決できるんじゃないか。

 

なら自分で勝手にアプリを作って発表すれば良いと言われるかもしれない。

そうすると、仕事時間の8時間がすごく無駄なのだ。なら1日中自分の好きなものを作っていたい。

わざわざストレスを感じるために行きたくない。

 

結局のところ、私は仕事して、認められて、誰かに必要とされたい思いが強い。

だから、いまの仕事は私にとってはつまらないんだ。

早く転職先見つかるといいなぁ。