読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webディレクターになりたいエンジニアのひとりごと

あらさーで人生迷い中のエンジニアがひとりごとをつぶやきます

採用フラグ 不採用フラグ

私はただいま転職活動中である。

先週紹介されたところで面接を受けたが、

そこでの採用フラグ/不採用フラグと思われるものを一覧してみる

 

採用フラグ

・今回どういう経緯で人員募集に至ったか

・今後自分が行う業務について

・今後自社が何を目指しているか

・チームに入ったら身につけられること、大切   にしていること

・自分のチームに必要な仕事への取り組み方

・チームメンバーの紹介

・希望年収の調整

・職場見学(名前を紹介される)

・履歴書に何かマークしてた

・結婚の予定はあるか、相手はいるか

 

不採用フラグ

・履歴書をその場で初めて読んでいた

・志望理由を話している最中に電話がかかってきて、中断、その後言えず

・「ご縁があったら良いんですが」

・選考辞退の場合の連絡先を教えられる

・エレベーター見送り +転職活動のアドバイス

・結果は1〜2週間後、電話で。

・後半矢継ぎ早に質問、私が話を広げれなかった

 

ネットで色々調べたけど、希望年収は不採用でも聞かれるっぽい。会社の今後の展望を話し出したら採用ってのもあった。

この中で1番強力な採用フラグといったら、最後に職場見学があったこと。もしかして、ほんとに初対面が苦手なのか試してた?

だったら挨拶くらしかできなかったから、不合格だ。

不採用フラグはもういっぱいあって涙目。

 

以下面接ふりかえり。

面接の内容としては、私が話す時間は少なかったように思う。

喋ったことは、業界に興味はあるかと、得意なこと、苦手なこと、後半の履歴書を見ての雑多な質問(趣味とか出身地)についての回答。

 

良かったと思う点は、マーケティング分野に興味があることを伝えられたこと。

今後上場を目指す会社らしいので、経営目線を持って会社を盛り上げようとしていく人材は必要だと思われる。

 

悪かった点は、言われた通り声が小さいこと、得意なことを聞かれた時に詰まったこと。

自己PRは考えていたが、単に得意なことを聞かれた時に答えられなかった。

苦手なことを聞かれた時に「初対面の人と話すこと」と咄嗟に言ってしまい、それは困るなぁとのお言葉。

これは職務履歴書に、派遣先を渡り歩いたので、人間関係を築く能力はありますと書いており、矛盾が起きてしまっていて非常にまずい。

それから、志望動機を言ってる最中に電話がかかってきてしまったので、まずはじめに結論を言っておくべきだったなと思った。現職での不満から話し始めちゃったよ…

 

総括として、練習不足でした。

書類選考無しで面接に進める超超超ラッキーなとこだったんだけどなぁ。

反省します。。。

 

とりあえず結果を待ちます。

フラグの検証もしたい!